禁煙・ダイエット情報局 > 禁煙セラピー > タバコ≠リラックス:禁煙セラピーより

禁煙セラピー

タバコ≠リラックス:禁煙セラピーより

禁煙セラピーには、ノンスモーカーが喫煙者(スモーカー)になるまでを分析しています。

@ノンスモーカーが人生で最初の1本を吸う
 (咳き込んだり目がくらんだりする)
Aタバコの火を消す

Bその瞬間からニコチンが体内から消え始め、カラダが禁断症状を覚える
 (禁断症状とは、どこか不安でイライラした感覚)
C次の1本を吸う

Dニコチンが体内に入りイライラが消える

→最初の1本を吸い始める前(ノンスモーカーだった頃)と同じ気分に戻る。

・・・なるほどぉ、10年前、私もノンスモーカーからこうやって
スモーカーへと変身していったんだぁ〜Σ(´□`;)ハゥ
あの時、最初1本を吸わなければノンスモーカーのままだったのにぃ( ̄Θ ̄;) ムゥー


喫煙者がタバコを吸い続ける理由は、最初1本を吸い始める前と同じ気分に
戻るためなのですね。
タバコを吸って得られるのは、ノンスモーカーと同じ精神状態に戻ることなんだ
そうです。
だったら、タバコやめればいいのに・・・ってことになりますよね。

そうなんです!だから私はタバコがやめれたんです♪
禁煙セラピーがこのことに気付かせてくれました。
サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/禁煙セラピー様。。。

いつも応援ありがとうございます!人気blogランキングに参加しております。


<<ニコチン中毒は麻薬中毒:禁煙セラピーより | 禁煙・ダイエット情報局トップへ | 禁煙グッズ(代用品)は禁煙を難しくする:禁煙セラピーより>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。